一人ひとりがヒーローだ Heros

0120-432-053
資料請求
個別相談会
home > Hero'sコラム
  • 教育理念
  • 指導内容(コース内容)
    • 小学生の部
      • 低学年
      • 高学年
      • 中学受験
    • 中学生
    • 高校生
  • 入塾方法・流れ
  • 社会貢献
  • ヒーローズの魅力1
  • ヒーローズの魅力2
  • ヒーローズの魅力3
  • 無料学力診断テスト
  • 成績アップ事例&生徒・親御さんのコメント
  • 資料請求
  • 個別相談会

最初の教育者は空腹である。

2018.03.17 コラム

ドイツの社会学者、マックス・ウェーバーの名言です。
空腹の時は何でも美味しく食べられ、満腹の時はどんな美味しい物でも入らなくなります。
終戦後、多くの日本人は空腹でした。そしてお腹いっぱいご飯が食べられることを夢見て、頑張りました。今の日本があるのは、そうした人たちのハングリー精神での頑張りがあってこそと言っても過言では無いでしょう。空腹だからこそ、その空腹をしのぐために色々と知恵をしぼり、学んで日本を発展させつつ、日々の食事を手にしてきました。もし彼らが満腹だったら、ここまでの発展もなかったでしょう。
しかし、今の日本は逆に物に満ちあふれていないでしょうか。食に困ることもなく、いつでもコンビニに行けば温かい食べ物が食べられる。そして悲しいことに、ホテルのレストランやコンビニ、料理店などで多くの食料が毎日廃棄処分されています。
世の中にはまだまだ飢えに苦しんでいる人が沢山います。「自分は恵まれている」と感謝して「いただきます」という言葉を言っているでしょうか。この「いただきます」には食材だけでなく、農家の人や料理してくれた人への感謝の意味も込められています。
ちゃんと言っているかな?

※こちらの内容はヒーローズ御前崎校、菊川校、袋井校、袋井南校、見付校のご好意により許諾を頂いて転載させて頂いております。